えみあに

アニメと趣味に、つつまれて

作詞作曲日記「第4話」『こげ茶った』作ったけど心が折れそう

まず、前回作った歌詞は倉(保留フォルダ)に入れておきました。
そして、ボーカロイド買いました!いぇい。

『こげ茶った』

※音量注意。

歌詞

【1番】
わたしのこげ茶った 髪そろえて 
こがれた恋 動き出すときは今 

ヒリヒリ 私のうで
汗に濡れたシャツ
あなた見つけた駐輪場 

「一緒に帰ろうか」
「うん」

【2番】
わたしのこげ茶った 首ぬぐって 
色づく頬 気付いてくれるのはいつ

ソワソワ 私のむね
月が照らす頬
あなたパックのコーヒー片手に

「あのね、好きなんだ・・コーヒー」

こぼしちゃったあなたを ハンカチで拭いて
今夜お風呂 きっとしみるんだろな Ah

作曲日記

ボーカロイドを買った

初音ミク、買いました!
Cubase AI」なるものが付いてきたので、1曲丸まるこのソフトで作ることに。

心が折れそうになった作詞作曲過程

(アニメの)褐色ヒロイン、良い!

茶色の歌にしよう

作詞(1時間くらい)

褐色、日焼け・・レゲエだな(安易)

コード考える(既存の曲参考に)

メロディ考える(3時間くらい)

Cubase AIの使い方調べる(3日)

※心が折れかける①

ドラム打ち込み→複製
鍵盤打ち込みの難しさを知る。

※心が折れかける②

ボカロ打ち込み
ボカロの調声方法調べる(1日)

※楽しい

その他パート打ち込み

※心が折れる

反省

DTMの難しさを実感。
リアルタイム入力で作りましたが、鍵盤弾けない私にとって難易度ベリーハードです。

ドラムは(いくらか叩いていたので)いける!と思っていたのですが、鍵盤の打ち込みだとめちゃくちゃ面倒な上に細かい表現ができず、鍵盤が沈むのでタイミングが合わず、強弱も上手く表現できず、撃沈。

他パートは目も当てられない(特にベース)。打ち込みのギター音色は残念だといくつかのサイトに書いてましたが、思った以上にクオリティが低かったので、(レゲエなのに)あまり目立たせないようコードを刻むだけに。

メロディ考えたあたりまでは、イントロに間奏、エンディングもいっちゃう!?なんて考えていましたが、ドラム打ち込んだ時点で、察し、方向転換。

ただ、ボカロのメロディ作りはめちゃ楽しくて、波形をいじったりなんかしちゃって。楽しかった。

パン?で音を左右に分けたり、ミックス?なるものもDTMの醍醐味らしいので、そっちもちょっとチャレンジしてみます。

今回の学び

褐色って、いいよね。
鍵盤ムズ。

【現在のステータス】
LV5 タイプ/でんき
かし   3←+1
きょく  2←+1
ちしき  2←cubase AI+1、ボカロ+1

▶TO BE CONTINUED