えみあに

アニメと趣味に、つつまれて

走り出したくなる!疾走感のあるかっこいいアニソンまとめ

アニソン大好き!!

アニメ好きの私なりに「疾走感のある楽曲」を選んでみました。思わず走り出したくなる。アニソンって素敵やん。

疾走感抜群のかっこいいアニソン

『かくしん的☆めたまるふぉ〜ぜっ!』干物妹!うまるちゃん


(Amazonリンクです)
(作詞 おぐらあすか / 作曲 おぐらあすか / 唄 土間うまる(田中あいみ))

クリックでサイトへ

曲を聞くだけで想像できる、うまるの世界。

軽快なスラップ奏法と「U・M・R!」の連呼から始まる、この曲。1話で心をわしづかみにされ、2話の放送ではギターを握りしめて画面を見つめていた自分。曲の構成がとにかく好き。音をいくつか重ねています。ファミコン風の和音、絶妙なタイミングで入るゲームの効果音

このまま最後まで突っ走る?
と思いきや、途中からワルツ(3拍子)が入り、ストリングスを重ねてのお嬢様感。ファミコン風の音色で、ぐーたら元気なうまるへ。音をこれでもかと重ねているのに、聴きやすい。1分少しで「うまる」が何となくわかってしまう。
アニソンに相応しい1曲!

『ハナノイロ』花咲くいろは


(作詞 きみコ / 作曲 きみコ / 唄 nano.RIPE)

クリックでサイトへ

曲とアニメーション。光と青春感のコントラスト。

アニソンといえば、アニメーション。
な、なんだこの映像は!?」ドローンで空撮したような入り。朝焼けの中、急ぎ足の女子高生。水たまりにキラキラうつる太陽。電車に反射する夕焼けに、縁側に差す月明り。「光ってこんなにきれいなんだ」・・感動した。

「この曲しかない!」と言えるピッタリ感。シングルコイルらしい優しいアルペジオから始まり、バスドラを表で踏むことで、出だしの疾走感はバツグン。ギターも、ベースも、ひずませ過ぎないサウンド。小さくアコギも入っていて、あふれ出す青春っぽさが、たまりません。

疾走感のポイントはドラムだと感じます。フィルインで結構16分の連打を入れ、ギターのバッキングはゆっくりと伸ばす箇所が多く、その対比で生まれる疾走感。良い曲を作るバンド。「nano.RIPE」、要チェックですね。ニコ動の「ズコー」コメントでも有名なこの曲。でも、実はみんな大好きな1曲です。

『面影ワープ』花咲くいろは


(作詞 きみコ / 作曲 佐々木淳 / 唄 nano.RIPE)

クリックでサイトへ

さわやかさを残した、曲のメリハリ。

この曲も、はずせません。
線路を滑走するアニメーションから始まり、アルペジオからの全パートがジャカジャカ。余韻を残したまま、だんだんと音数を減らして、サビで再び盛り上がる。自然なメリハリと、映像とのマッチ。きれい。

『坂道のメロディ』坂道のアポロン


(作詞 YUKI / 作曲 菅野よう子 / 唄 YUKI)

クリックでサイトへ

サビで一気にかけ上がる坂道!

YUKI、久しぶりに聴きました。
ジュディマリ、謎のギターソロが懐かしい。『坂道のメロディ』は、ドラムが重くならない爽やかな演奏。アクセントの付け方で4ビートの雰囲気。サビからは8ビート。単純にテンポが2倍になったように聴こえ、オープニング映像の透明感も合わせて疾走感抜群です。

My Favorite Things / Someday My Prince Will Come / Moanin/坂道のアポロン


(ピアノ 松永貴志 / ドラム 石若駿)

クリックでサイトへ

日本ジャズ界期待の2人、素晴らしい演奏。

「坂道のアポロン」第7話、文化祭シーンで演奏されたメドレー。
有名なスタンダードが盛り込まれ、演奏も松永貴志、石若駿さんという若いお二人。アニメでジャズを聴けたことに感謝。ポリリズムも入って満足。

『Driver's High』GTO


(作詞 hyde / 作曲 tetsu / 唄 L'Arc~en~Ciel)

クリックでサイトへ

シブいhydeと、白黒GTO。

少し前のアニメ、GTO。OPの『Driver's High』は、いつまでも新鮮な曲。

オープニングのアニメーションが白黒でかっこいい。攻めてる感じが、シビレます。
曲の出だしに、車のエンジン音。メロディアスな動くベース。8分ミュートのギターで、シンセが気持ちいいポイントを狙い打ち。

『BREAK IN2 THE NITE』頭文字D


(作詞 motsu / 作曲 t-kimura / 唄 move )

クリックでサイトへ

一昔前のシンセサウンド、上がりきらないメロディ。

「ハチロク」未だに走ってますよね。
時代を感じるサウンド。その世代じゃない人にとっては、新鮮かもしれません。歌パートの気だるい歌い方が印象的。メロディと同じ音程で、シンセを重ねるカラオケ的な曲作りは、癖になる。

『青春狂騒曲』NARUTO -ナルト-


(作詞 山口隆 / 作曲 山口隆 / 唄 サンボマスター)

クリックでサイトへ

泥臭いロックと泥まみれのナルトたち。

『青春狂騒曲』がOPだった頃、サスケくんがオロチ丸にたぶらかされていました。そんなサスケを命がけで取り戻そうと、後を追う木の葉の仲間。チョウジの戦闘後、蝶が羽ばたくあのシーンは・・震えた。

こんな泥臭いロックをOPに持ってくるナルト、かっこいい。伝えたい言葉をメロディに乗せる、かっこいい。コードカッティングからはじまり、ドラムのハイハット、ベース音を足していって、パンチのきいた声と歌詞。サビではハモらず叫ぶように歌う、ロックです。

タイトルの泥臭さとは裏腹に、ワウを使ったカッティング、オシャレなフレーズも。テレビの前の子供たちが「かっこいい」と唸った1曲。

『遥か彼方』NARUTO -ナルト-


(作詞 後藤正文 / 作曲 後藤正文 / 唄 ASIAN KUNG-FU GENERATION)

クリックでサイトへ

シンプルな音、叫ぶ快感。

アニメは、中忍試験らへんのときの曲。
ゲジまゆの人気が、急上昇。

演奏は、いたってシンプル。シンプルゆえに、歌詞が引き立つ。オープニングで木の葉の各班の忍びたちがくるくる回る映像、好きです。

『GO! GO! MANIAC』けいおん!!


(作詞 大森祥子 / 作曲 Tom-H@ck / 唄 放課後ティータイム(平沢唯(豊崎愛生)/秋山澪(日笠陽子)/田井中律(佐藤聡美)/琴吹紬(寿美菜子)/中野梓(竹達彩奈)))

クリックでサイトへ

ありそうでなかった、ボーカルパート。

全員(各パート)が、気持ちいい演奏。スピード感もそうですが、どこを切り取ってもかっこいい。とくにボーカルが癖になる曲。思いっきり歌いたい1曲。

『境界の彼方』境界の彼方


(作詞 畑亜貴 / 作曲 菊田大介(Elements Garden) / 唄 茅原実里)

クリックでサイトへ

眼鏡!

眼鏡好きにはたまらない。京アニ、素晴らしい作品をアニメ化してくれました。全然、不愉快じゃない!せやけど、彩華さんが一番好きどす!

エレキは歪ませ、ストリングスやピアノとのバランスが丁度いい。スピード感を出すところで、ギターは8分3つごとにアクセント。出さないところは4分。メリハリが効いて、疾走感が強調されています。

『My Secret』会長はメイド様!


(作詞 春和文 / 作曲 山元祐介 / 唄 水野佐彩)

クリックでサイトへ

ねじ込まれた韻。

意外な選曲でしょうか?
原作アニメの雰囲気は頭から外して、曲を聴いてみてください。疾走感バリバリです。よく聴くと、後ろの楽器たちもスピード感を煽っています。オープニング映像で吹いている風も、しっくり。

『コールドフィンガーガール』レベルE


(作詞 浅井健一 / 作曲 浅井健一 / 唄 栗山千明)

クリックでサイトへ

高速を飛ばしてるような疾走感

良い意味で、一世代前の音楽。
生演奏感」が伝わってくる。
栗山千明さん、オタクらしいですね。
素晴らしい。

『オリオンをなぞる』TIGER & BUNNY


(作詞 田淵智也 / 作曲 田淵智也 / 唄 UNISON SQUARE GARDEN)

クリックでサイトへ

ささやくように消える声。

歌い方が特徴的。
フレーズの終わりは、やさしくささやくように。歌詞は夜を連想させるが、サウンド的には夜空のきらきら星よりも、宇宙を想像させる。

『Hacking to the Gate』STEINS;GATE


(作詞 志倉千代丸 / 作曲 志倉千代丸 / 唄 いとうかなこ)

クリックでサイトへ

少し暗さのある疾走感

アニメの内容を知っているからそう感じるのかもしれませんが、爽やかな疾走感ではない。未来を暗示させるような緊張感(不安定感)を狙ったメロディ。

『Morning Arch』Aチャンネル


(作詞 こだまさおり / 作曲 神前暁(MONACA) / 唄 河野マリナ)

クリックでサイトへ

4分はじまるバスドラの疾走感

Aチャンネルのオープニング。
るんちゃんが自分で買った最新の携帯音楽プレイヤーを見せながら、どや顔で「No music, No life」。何の曲入れてるの?からの「まだNo music life」。完璧な流れ。

4分でバスドラを踏む、疾走感アニソン定番パターン。スピード感を煽るギターリフ。散りばめられた「キラキラ」効果音が。ドラムがパターンを変えるので、退屈しません。

『CORE PRIDE』青の祓魔師


(作詞 TAKUYA∞ / 作曲 彰/TAKUYA∞ / 唄 UVERworld)

クリックでサイトへ

青臭くもかっこいい歌詞

若者の叫びみたいな歌詞。
でも歌うとカッコいい。サックスも良い味付けになっています。

『カワルミライ』神様のメモ帳


(作詞 こだまさおり / 作曲 中山真斗(Elements Garden) / 唄 ちょうちょ)

クリックでサイトへ

透き通った裏声

ちょうちょさんは裏声が特徴的ですね。

『oath sign』Fate/Zero


(作詞 渡辺翔 / 作曲 渡辺翔 / 唄 LiSA)

クリックでサイトへ

限界にチャレンジ

OP映像の始まり方が良い。
歌はアニソンっぽいヘビーな感じで、かわいらしくカッコいい。サビの音程を頑張って出している感じが、萌える。

ありがとうございました。

www.emyani.net