えみあに

アニメと趣味に、つつまれて

アニメおすすめ作品と理由を語る!

おすすめアニメを紹介します!

温度が上がりお見苦しい点もあると思いますが、そこは冷めた目でするっと流してください。

ランキングにはしませんでした。
理由を付けるのが面倒です。

おすすめアニメ!

※映画は省きます。
基本的に平成アニメです。

『メイドインアビス』 

【Amazon.co.jp限定】 メイドインアビス Blu-ray BOX 下巻( 全巻購入特典:「Amazonプライムビデオ製作キャスト出演映像収録DVD(SOUND IN ABYSS 01/02)」引換シリアルコード付 )
(Amazonリンクです)

苺ましまろの皮を被った、穴アニメ。

【あらすじ】
謎の大穴「アビス」。
約1900年前に発見された、直径1000m・深さ不明のその大穴に、これまで数々の探窟家が挑んできた。穴の入り口にある街「オース」。この街の孤児院で育った探窟家見習い、赤笛のリコもアビスに憧れる者の一人。

ある日の探窟で、1人の少年に命を助けられたリコ。そのまま倒れてしまった彼を持ち帰り、(お尻の)穴などを調べてみると、ロボットのようだった。記憶喪失のようだが、アビスの底からきたという。この少年との出会いで、リコの夢と冒険の日々がはじまる。

【感想・おすすめポイント】
文字通り「命をかけた」冒険物語。
一旦穴へ潜ると、上昇時に「アビスの呪い」がかかるという難易度設定。呪いを覚悟で潜る、探窟家たち。「憧れのない人生は、死よりも恐ろしい」というナレーションが途中入りますが、実際には「死よりも恐ろしい呪い」のかかった人物(生物)も登場します。

人間を喰らったアビスの生き物を、人間が食べて生きる。「穢れ」の捉え方、アビスで暮らす人々の価値観。孤児たちを不必要に子ども扱いしない、ありのままの世界。憧れ、夢、野望、欲望、人体実験。「考える材料」がたくさん詰まった作品です。

絵と音楽も、まさに特級遺物。第一話で流れる『Underground River (ft.Raj Ramayya)』と、美しい絵が作り出す世界観で、一気に惹きこまれてしまい・・最後まで視聴。

第10話は覚悟してください。
生きているから冒険ができる。本物の「憧れ」を持つ人たちが潜るアビス、リコもその1人。間違いなく、漫画・アニメ史に残る冒険物語です。

ちょいちょい出てくるロリ要素は、サービスなのか。作者の趣味なのか。笑

『ピンポン THE ANIMATION』

ピンポン STANDARD BOX(通常版) [DVD]

漫画、映画、ついにアニメ。

【あらすじ】
卓球に人生賭けるなんて、ナンセンス。理解に苦しむ。気味が悪い

幼馴染(男)と卓球のお話。
人一倍自信家のペコ(星野裕)と、そんな彼に憧れヒーローとまで呼ぶ、笑わないスマイル(月本誠)。高校卓球部に所属する二人。特にペコはその自信に見合うだけの実力を持ち、部内に敵なし状態だった。

ある日、他校に中国人留学生が来たという噂を聞きつけ、偵察に出かける二人。チャイナに試合を挑むペコ。しかし、彼が興味を抱いたのはスマイルだった。

【感想・おすすめポイント】
なんというテンポ。
卓球に負けない、話のスピード感。止まるときは止まる「緩急」が気持ち良いです。

絵から伝わる青春感。
絵のダサさとオシャレなアニメーションで、すんげぇスタイリッシュな仕上がりに。「魔法、召喚」とはまた別の、「中二っぽさ」がたまりません。あの頃の「気だるい感じ」をがっつり作品に反映させた、比類なき青春スポーツアニメ。

アニメだけ勝手に熱くなることもなく、冷え切ったスマイルと一緒に温度を高めていく。映画も漫画もおすすめです。

これぞ、ノイタミナ枠。
愛してるぜ。

『日常』

日常 (NICHIJOU: MY ORDINARY LIFE - THE COMPLETE SERIES)

日常系シュール・ギャグ・ロボット・ヤギ・アニメ。

【あらすじ】
非日常系シュールギャグたっぷり、日常系アニメ。
背中にネジ回しのついている女子高生、仏像眼鏡、はかせ(8歳)、坂本(ねこ)、ヤギ眼鏡、囲碁サッカー部、その他キャラの強い登場人物たちを、独特な角度で描く。

物語の(私の中の)ヒロインは、「東雲研究所(しののめけんきゅうじょ)」で暮らす、東雲なの。彼女の背中には、ネジ回しが付いている(※ロボット的なものではない)。

このネジを付けたのが8歳の天才少女、はかせ。なのは「外して欲しい」といつもお願いしているが、「かわいい」という理由で聞き入れてもらえない。文字通り背中にコンプレックスを抱えた彼女と、ゆかいな仲間たちの日常。

【感想・おすすめポイント】
東雲なの(と、ときどき坂本)を見て、癒されるアニメです。人の子とは思えないくらい良い子で、実際に人の子ではない。※ロボット的なものではない

ドジっ娘要素もしっかりおさえ、1話冒頭では「お魚くわえたドラ猫 追っかけて」丁字路でヘッドフォン男子学生とぶつかり、爆発します。動力源、ネジじゃないのか。

2011年に一度放送されて、2012年にはNHKで編集版が再放送された国民的アニメ。アニメーション製作は、安心と安定の京都アニメーション。言うこと無しの、おすすめ日常系アニメです。

『坂道のアポロン』

坂道のアポロン 第1巻 Blu-ray 【初回限定生産版】

演奏シーンはここまでできる。

【あらすじ】
1960年代、長崎県。人見知りでストレスによる吐き癖がついた西見薫(にしみかおる)は、親の都合で佐世保市の高校へと転入する。校内で吐き気を止められる場所は、屋上だけ。案の定吐き気を覚えた彼は、屋上へと走る。

最上階、屋上ドアの前に並べられた椅子と、何かを覆う白い布。包まれて眠っていたのは、札付きの不良、川渕千太郎(かわぶちせんたろう)だった。

少女マンガのような出会いを(ゴリラと)経験してしまった薫は、千太郎の影響でジャズの世界に引き込まれ・・。彼の高校生活は、予想もできなかった方向へと進んでいく。

【感想・おすすめポイント】
一昔前の絵と、一昔前の物語。

第7話の文化祭シーンは、音も映像も素晴らしいです。
『My Favorite Things』→『Someday My Prince Will Come』→『Moanin’』の人気ジャズ・スタンダード・メドレーをピアノとドラムで。

ハネすぎない、ボンのピアノイントロ。千太郎のドラムが加わり1曲目、3拍子の『My Favorite Things』。ドラムがライドシンバルで遊び出し、ピアノががっつり4拍子のポリリズムで2曲目『Someday My Prince Will Come』。二人が違うリズム(拍子)を演奏しセッションらしくなって、再びリズムを戻したところで、りっちゃんのセリフ。

二人で仲良くケンカしながら帰ってきたみたい

セッションをケンカと表現するりっちゃん、かわいい。ラップだと「ガチバトル」のイメージですが、ジャズなら「仲良くケンカ」がしっくり・・こないか(笑)。アニメ的にはピッタリのセリフです。2バースのドラムソロをはさみ、3曲目『Moanin’』で「祭りジャズ」も入れて、文化祭のヒーローに。

演奏は(ピアノ)松永貴志さんと(ドラム)石若駿さん。他の演奏シーンではトランペットにベースも加わり、ジャズが好きな方は、がっつり楽しめるアニメだと思います。

『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』

STEINS;GATE DVD BOX

ストーリー以外も面白い。

【あらすじ】
秋葉原に店を構える「ブラウン管工房」。その二階に拠点を置く発明サークルが「未来ガジェット研究所」である。リーダーで大学生の岡部倫太郎(おかべりんたろう)もとい「狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真(ほうおういんきょうま)」は、ラボメンNo.002の「マユシィ・ニャンニャン」こと椎名まゆり(しいなまゆり)、ラボメンNo.003で真の主人公かつ「スーパーハカー」の橋田至(はしだいたる)らと共に、「機関」の妨害と戦いながら活動を行っていた。

ある日、若干17歳の天才少女、牧瀬紅莉栖(まきせくりす)の講義を聞きに行った岡部は、ラジ館8階奥で血だまりの中に倒れている紅莉栖を目撃する。その直後、ラジ館屋上に人工衛星らしきものが墜落。平和だった彼らの日常が「機関」の手によって書き換えられていく。

【感想・おすすめポイント】
ストーリーが面白いのは言うまでも無いのですが、多くの人に愛される理由として、キャラクターの魅力があります。

宮野真守ワールド全開のマッドサイエンティスト岡部、「トゥットゥルー♪」のMAD動画が記憶から消えないまゆしぃ☆、そして(私の中の)主人公、ダルの魅力。スーパーな笑いセンスを持つダルによって、シュタゲの厚みが増していることは間違いありません。

秋葉原を舞台に「萌え」と「SF」をチョイスし、新旧オタク文化を融合させたような世界観で、広い層から支持を得た有名人気作品。

エル・プサイ・コングルゥ。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【通常版】 [DVD]

思い出盛りだくさんのずるいアニメ。

【あらすじ】
かつて「超平和バスターズ」のリーダー的存在だった、じんたん(宿海仁太)。高校生になり引きこもりがちな生活を送っていたが、夏のある日、彼の前に幼馴染が現れる。彼女の名前はめんま(本間芽衣子)。

超平和バスターズの元メンバーで、小学生の時に事故で亡くなったはずの彼女。ある願いを叶えるために現れたという。夏に突如現れためんまをきっかけに、かつてのメンバー、あなる(安城鳴子)、ゆきあつ(松雪集)、つるこ(鶴見知利子)、ぽっぽ(久川鉄道)らが再び集まり、過去を解いていく物語。

【感想・おすすめポイント】
「超平和バスターズ」というから、「ゴーストバスターズ」みたいに掃除機でめんまの霊を捕獲する話かと思ったら、全然違った。

めんまの声(茅野愛衣さん)が声フェチ的にはたまらなく良いです。主人公の父親の言葉を借りるなら「かわいい」。

「あなる」という名前(の意味)を僕達はまだ知らなかった頃のままで、時間が止まっているめんま。彼女の言葉一つ一つが懐かしく、アニメを見ながら思い出を振り返れる作品。涙を誘うラスト、ゆきあつという愛されキャラ、感動、懐かしさ、ギャグ、恋愛、友情、夏など、これでもかと要素が詰め込まれた人気アニメです。

『花咲くいろは』

花咲くいろは 6 [DVD]

リアリティのある青春。

【あらすじ】
母親(の彼氏)の借金がきっかけで、突如夜逃げすることになった松前家。夜逃げに子は連れていけないと告げられ、祖母が経営する旅館「喜翆荘(きっすいそう)」へ、電車を乗り継ぎ一人向かった松前緒花(まつまえおはな)。

到着早々、祖母からバケツを受け取り、住み込みで仲居見習いをすることになった緒花。同じく高校二年生、引っ込み思案で仲居の押水菜子(おしみずなこ)。板前見習いで口の悪い鶴来民子(つるぎみんこ)の3人を中心に、青春と仕事の日々を描く。

【感想・おすすめポイント】
伊藤かな恵さんの声が聞ける、幸せ。

絵がキラキラで、青春の爽やかさ、女子高生の芳しさ(変態)漂うアニメ。聖地巡礼も盛んで、人気の高い作品だったと記憶しています。

主題歌を歌うnano.RIPEは、ニコニコ動画の「ズコー」で毎話大盛り上がり。私もばっちり、nano.RIPEにはまりました。青春アニメを探している方には、おすすめです。

『Fate/Zero』

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]

魔術師と英霊のバトルロイヤル。

【あらすじ】
あらゆる願いを叶えると言われる「聖杯」。その聖杯に選ばれた7人の魔術師(マスター)が、英霊(サーバント)を召喚し勝者を決める「聖杯戦争」。

勝ち残った一人が聖杯の所有者となるが、過去三度の聖杯戦争でその力を行使できた者はいない。「第四次聖杯戦争」となる今回、主人公で魔術師、元殺し屋の衛宮切嗣(えみやきりつぐ)は、誰よりも聖杯を欲していた。

【感想・おすすめポイント】
アニメで物語のスケールを大きくしすぎると、ダサくなりがちですが、このアニメはしっかり面白い。世界史の教科書に出てくるような人物、伝説上の英雄に、神話の中の神話の王まで登場させて、声も絵も雰囲気もかっこいい。でっかい画面で見ると、迫力満点です。

ストーリー以外の部分で説得させられるため、「聖杯戦争ってさぁ」と日常で語っても(たぶん)恥ずかしくないレベル。バトルロイヤルなので、漂う不気味な雰囲気のとおり、第1話からショッキングなシーンがあります。が、そこも含めてダーク・ファンタジーとして面白い。Zeroにハマった方は「stay night」、その他派生作品もいくつかあるので是非。

『ちはやふる』

ちはやふる Vol.2 [Blu-ray]

無駄美人の綾瀬千早と、無駄美男の宮野真守。

【あらすじ】
小学6年生の綾瀬千早(あやせちはや)は、ある雨の日、福井からの転校生、綿谷新(わたやあらた)のアパートにお邪魔した。訛りや家庭事情で、学校では軽くいじめられていた新が、うれしそうに持ってきた百人一首。押入れからテープを取り出し、札を並べると、目の色が変わる。

この勝負をきっかけに、千早は「かるた」にはまる。

時は流れ高校生。千早の「競技かるた」への情熱は続いていた。同じ高校に入学した幼馴染の真島太一(ましまたいち)をつれ、小学校卒業以来離れ離れになっていた、新の住む福井へ向かう。しかし、再開した彼は全くの別人になっていた。

【感想・おすすめポイント】
第1話(第一首)「さくやこのはな」の力。
いじめられっこ貧乏設定を見せられた後の、かるた勝負。新の冷え切った目に光が入り、札を並べて本気の目。ゾクゾクくるBGM、本気で構える眼鏡に、かるた手裏剣、ワクワクします。

個人的には、貧乏設定に弱いです。少女漫画でこれでもかと描かれた設定だけど、やっぱりダメ。グッとつかまれる感じ・・ずるい。

「競技かるた」の目新しさと、きれいな心理描写。小学生のときに覚えさせられた百人一首の懐かしさと、目にやさしい美男美女。2話以降もどんどん盛り上がります。

☆長くて面白いアニメ☆

おすすめの(話数的に)長編作品を紹介します。どれも有名・人気作品なので、さらっと。

・『母をたずねて三千里』
・『ドラゴンボール』
・『幽遊白書』
・『SLAM DUNK』
・『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』
・『名探偵コナン』
・『ポケットモンスター(1997)』
・『頭文字D』
・『おジャ魔女どれみ』
・『デジモンアドベンチャー』
・『ONE PIECE』
・『ヒカルの碁』
・『NARUTO -ナルト』
・『鋼の錬金術師』
・『のだめカンタービレ』
・『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』
・『テガミバチ』
・『HUNTER×HUNTER』
・『宇宙兄弟』
・『弱虫ペダル』

 

『ひだまりスケッチ』

ひだまりスケッチ Vol.1 [DVD]

なんかいいキモチになれる日常系アニメ。

【あらすじ】
主人公ゆのは、やまぶき高校美術科に通う女の子。彼女と、彼女の暮らすアパート「ひだまり荘」の住人を中心に、時系列バラバラで描く日常系アニメ。

ひだまり荘
201号室の住人、ゆの。小柄で天然で良い子。夢はまだこれから。

202号室の住人、宮子。ゆのと同じ高校1年生。お金が無いのでいつも腹ペコ。芸術の才能に恵まれ、加えて笑いの神にも好かれている。家賃の関係で、「フローリングシート on 乾燥剤」の部屋で暮らし、雨漏りによる発火の危険にさらされているが、天真爛漫に暮らしている。

101号室の住人、ヒロ。ゆのたちの先輩、やまぶき高校の2年生。いつも体重を気にしている、料理上手なお姉さん。髪の癖は強め。

102号室の住人、沙英。ヒロと同じ高校2年生。恋愛経験豊富(フィクション)な小説家。

吉野屋先生、17歳。コスプレではない。中の人(のラジオ)も面白い。もっと聴いていたかった。

【感想・おすすめポイント】
日常系アニメジャンキーになったきっかけが、おそらくこの作品です。

笑って、癒されて、たまにウルウル、日常系アニメとして最強の作品。宮子の設定がこれまたずるくて、(個人的には)宮子派にならざるを得ない。成長するひだまり荘の住人(主にゆの)と、成長しない(したくない)吉野屋先生の対比がおもしろく、吉野屋先生派にならざるを得ない。笑

夏休みの話でも、半ば強引に校長と吉野屋先生を登場させるファンへの心遣いは、週1の深夜アニメとして素晴らしい。日常系アニメが好きな方は、是非ご覧ください。宿題だよん。

『GUNSLINGER GIRL(ガンスリンガー・ガール)』

GUNSLINGER GIRL Blu-ray BOX

少女と殺し屋、誰も正義を語れない物語。

【あらすじ】
イタリア政府が持つ「社会福祉公社」。表向きは障害者を支援する組織、実態は障害を持つ少女の身体と心を改造し、反政府組織を消す非合法組織。

連続殺人犯に家族を惨殺され、一晩中暴行を受け続けたヘンリエッタ。瀕死の状態で見つかり自殺を望んでいた彼女の運命は、ジョゼとの出会いで変わる。

義体改造を施された少女は、担当官に恋をする。

【感想・おすすめポイント】
少女の純粋さが美しく、それゆえに悲しい。

誰も殺さず、恋も知らず、憎しみと恐怖を抱えて死んだ方がよかったのか。人を殺し、恋をして、もう少しだけ愛を感じるため改造されたことが、少女にとっての幸せだったのか。

イタリアとマフィア。BGMが悲しくて美しい。考える材料をたっぷり含んだ作品ですが、(銃撃戦など)刺激的なシーンを求める方には少し物足りないかもしれません。

2期なんて、無かった。

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX DVD-BOX (初回限定生産)

本格SFをかっこいい映像で。

【あらすじ】

企業のネットが星を被い、電子や光が駆け巡っても
国家や民族がなくなる程
情報化されてない近未来

アジアの一角に横たわる
奇妙な企業集合体国
日本・・・・・・

士郎正宗『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』より

電脳化により、脳と外部世界の接続が一般化した近未来。

秘密組織、公安9課。脳と脊髄の一部以外を全て義体化したサイボーグ草薙素子(くさなぎもとこ)。彼女を中心に、体制側を正義として物語は展開する。

【感想・おすすめポイント】
SF作品というのは、ある程度のSF的教養が無いと最大限楽しめないものだと思っていました。が、そんな教養の無い私でもかなり興奮しました。原作漫画もそろえましたが・・難解。

哲学的な問いが多いので、考えることが好きな方は、どこかしら引っかかるポイントがあると思います。

『ひぐらしのなく頃に』

ひぐらしのなく頃に 第1巻 初回限定版 [DVD]

詩人のK1と富竹の人気。

【あらすじ】
昭和58年。舞台は、かつて鬼ヶ淵村と呼ばれた人口約2000人の自然豊かな雛見沢村(ひなみざわむら)。

転校してきた前原圭一(まえばらけいいち)は、早くもクラスのメンバーと打ち解け、部活への入部も許可された。部活メンバーは、「かぁいい」物(人)の「お持ち帰りー」が大好きな竜宮レナ(りゅうぐうれな)。雛見沢の裏の顔、園崎家の次期頭首で委員長の園崎魅音(そのざきみおん)。お嬢様口調でトラップ好きの北条沙都子(ほうじょうさとこ)。古手神社の巫女でボクっ娘の古手梨花(ふるでりか)。

転校前では考えられないほど、楽しい日々を送っていた圭一だったが、少しずつ何かがおかしいことに気付き始める。連続怪死・失踪事件の謎に迫る物語。

【感想・おすすめポイント】
絵は仕方が無い、絵は。

他のアニメ(の絵)と比べるのではなく、原作(の絵)と比べてください。絵は動くし、指は分かれているし、満足です(笑)。原作もプレイしましたが、登場人物たちによる「お疲れさま会」などがあるので、ほっこり(安心)します。

グロテスクなホラー・シーンが多いので、苦手な方は注意してください。ミステリーのフリをしていますが、部分的には解けても、完全に解くのは難しい。最後まで見ないとモヤモヤは解けません。

『のんのんびより』

TVアニメ のんのんびより公式ファンブック~旭丘分校だより~

安心して笑える、田舎アニメ。

【あらすじ】
全校生徒5人、どこかの田舎にある「旭丘分校」。ここに通う5人(のうち4人)の日常を描いたコメディ・アニメ。

主人公で小学1年生の宮内れんげ(みやうちれんげ)。非凡な才能を秘め、半分閉じかかったような目からは想像も出来ない、シュールな笑いを得意とする。ツインテール。

小学5年生の一条蛍(いちじょうほたる)。都会の風をもたらした転校生。都会らしい体型と都会らしいファッションセンス、都会的な恋愛的指向もうかがわせる。たまに見せるギャップがポイント。

中学1年生の越谷夏海(こしがやなつみ)。いたずら好きの、明るいおバカさん。

中学2年生の越谷小鞠(こしがやこまり)。「ちっちゃくないよ!」。ゆの(ひだまりスケッチ)、種島ぽぷら(WORKING!!)に続く、中の人お得意の小っちゃいキャラ。

中学3年生の越谷卓(こしがやすぐる)。くうき

【感想・おすすめポイント】
都会にないものが、ここには・・ある?

れんちょんの言葉のチョイス、間。笑いに関してずば抜けているアニメです。れんちょんだけ謎の方言(口癖?)をしゃべるキャラ設定で、小学1年生という武器の力を、斜め上の方向で発揮するおもしろさ。

不意に泣かせにきますから、注意してください。
にゃんぱすー。

『ヤマノススメ』

ヤマノススメ 新特装版 [Blu-ray]

5分の癒し、ヤマアニメ。

【あらすじ】
女子高生が、本格的な登山グッズで山に挑む物語。
1期は5分アニメ。

高所恐怖症の雪村あおい(ゆきむらあおい)は、幼馴染で同級生の倉上ひなた(くらうえひなた)と高校で再会する。過去の約束を理由に、内心怯えながらも登山を承諾したあおいは、準備に準備を重ね、ひなたと共に標高197mの天覧山へ。

【感想・おすすめポイント】
日常系アニメも登山も(日帰り専門ですが)好きなので、すごく楽しめました。

登場人物の家を豪華にしといて、ここなちゃんのあの見せ方、ずるい。本当、ダメなんです。山道もアニメらしいリアルさで、ちょっとした登山知識も手に入る。5分で楽しめる山アニメは、これしかない。

『進撃の巨人』

進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]

駆逐。

【あらすじ】
人類は、壁の内側で生活をしていた。

壁の外側は巨人であふれ、彼らは人間を捕食する。

845年、50mの壁を越える超大型巨人により扉が破壊され、壁内への侵入を許す。三重の城壁のうち1つが使用不能となり、人類の活動範囲は狭まった。

壁の外の世界に憧れを持つ主人公のエレン・イェーガーは、かつての憧れと、母親が巨人に殺された復讐心から「調査兵団」への入団を決めた。

【感想・おすすめポイント】
まず目を引くのが、立体機動装置のかっこいい空中移動シーンです。ナルトの木の移動もかなり興奮したのを覚えていますが、進撃は映像の力で(USJとかの)アトラクションに乗っているかのような迫力と興奮がたまりません。

「前線の兵士はこんな心情なのだろうか」と想像させる、リアルっぽい描写の数々。巨人に恐怖感を持たせるのに十分な残虐シーン。巨人世界の真相が知りたくなる、物語の盛り上げ方と伏線。

映像はもちろん、ストーリーそのものが面白い人気作品。
1話のエレン母のシーンで、『はだしのゲン』の下敷きシーンを思い出しました。

『3月のライオン』

【Amazon.co.jp限定】3月のライオン 5(5-8巻連動購入特典:「描き下ろし1-8巻収納BOX」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]

孤独な棋士の戦い。

【あらすじ】
中学生でプロ棋士へ入段を果たした桐山零(きりやまれい)。17歳の彼は、東京都内、河沿いの六月町で独り暮らしをしていた。

彼の養父で同じくプロ将棋棋士、幸田柾近(こうだまさちか)との勝負を終えた零は、河の向こう側、三月町で暮らす川本家へと向かう。

銀座で先輩に飲まされ酔いつぶれていたところを、ホステスの川本あかりに介抱されて以来、川本家にはお世話になっていた。

玄関の扉を開け、花が咲いたような笑顔を見せる川本モモ(保育園児)、エプロン姿の川本あかり(23歳)、拳を振り空腹を訴える川本ひなた(中学2年生)。これまでの境遇で枯れていた零が、川本家、その他人々との関わりで変化していく物語。

【感想・おすすめポイント】
『ハチミツとクローバー』のときもそうでしたが、羽海野チカ作品の魅力は漫画です。絵のことは全くわかりませんが、いちいちロマンチックで3秒くらいじっと見ていたくなる絵。寄ると怖い目は、読者の見方次第でいろんな読み方ができ、たっぷりの文字と心理描写なのに、もっと欲しくなる。愛嬌のあるキャラクターの動きと、確かな笑いセンス。

囲碁サッカー部もびっくりの、放課後将棋科学部(将科部)。羽海野チカ先生のインタビュー記事もおもしろい。笑

その漫画を比較的忠実にアニメ化したシャフト。声フェチもうなる声優陣。文句なしの主題歌。良いアニメです。アニメのおすすめシーンは第23話、ED後モモちゃんの「シュワ゛シュワァ~!」。

26話、零が手を取ってお礼を言った場面は、感動しました。「自分が頑張ると、周りが困った顔になった」、人が救われた瞬間。

余談ですが、イジメ系の話は程度が難しい。私の小中学校だと、トイレの(壊した)コンセントに手を突っ込ませるビリビリゲーム、首絞め失神ゲームに、全裸強要、画鋲、火、水、制汗スプレー、食べ物に殺虫剤、提出物破りなど、命・犯罪・進学に関わるイジメも多く、ベクトルも複雑でした。教師も心の病気か(キレて)生徒を負傷(歯や骨を折ったり)させ頻繁に入れ替わるような、イジメ当たり前の環境だったので、「イジメのひどさ」だけを描いた作品だと(身体的損傷系以外は)ぬるく感じ、「現実はもっと酷い!」と、矛先の違うイライラが湧くこともあります。

ただ、3月のライオンは見せ方、角度が違います。いじめられた側は、いじめた側よりも多くのことを考えるもの。作者もひょっとしたら・・と思うくらい「考えてきた人なんだろうな」と感じさせる描き方。零のように、この作品で救われる人もいるでしょう。

『狼と香辛料』

狼と香辛料 Blu-rayDiscBOX【期間限定生産】 [Blu-ray]

狼と商人の旅。

【あらすじ】
巨大な狼、ホロ。彼女は長い間、村の神として崇められてきた。

クラフト・ロレンス、馬車で旅をする行商人。

旅の途中、馬車の中で眠っていた、(人間の姿に変身した)ホロを見つけたロレンス。獣の耳に尻尾が生えた全裸の彼女を前に、悪魔憑きと疑うが、本当の姿を見せられ恐怖する。北の故郷へ帰りたいという彼女。狼と人、荷馬車の二人旅がはじまる。

【感想・おすすめポイント】
軽い貨幣経済の知識も学べる、中世ヨーロッパ(暗黒の時代?)の世界観漂う物語。

RPGゲームの世界を絵にしたような、ゲーム好きにはたまらない雰囲気の作品。ロレンスが行商人ということで、貨幣の価値、取引、組合などの説明が詳しく、「(少しだけ)経済を学べるアニメ」としても知られています。

はっきり描かれていませんが、登場する宗教は完全にキリスト教。ローマの栄光が終わり、都市が孤立、キリスト教(カトリック)が堕落した時代。ホロが狼神で「異教徒の祭」と表現されていたり、世界史が好きな方はより浸れる物語。

世界観でいうと、主題歌『旅の途中』も素晴らしい。上に下に繰り返すサビフレーズが、宗教音楽(石に囲まれた暗い教会で捧げる聖歌)っぽく、イントロはジプシーっぽく・・アニソンの名曲です。

『プラネテス』

プラネテス Blu-ray Box 5.1ch Surround Edition

宇宙の掃除屋。

【あらすじ】
2075年、火星には居住施設ができ、宇宙開発が今よりも進んだ時代。先進国では、多くの人々が宇宙関連の仕事に就いていた。そんな時代、20歳の新人、田名部(たなべあい)は、テクノーラ社第2事業部デブリ課(通称:ハン課)に配属される。

上半身宇宙服、下半身オムツで登場した先輩、星野八郎太(ほしのはちろうた)のオムツの下敷きになり少し動揺した彼女。正義と愛に燃える彼女は、ここでやっていく決意を固める。オムツ先輩とオムツ後輩がコンビを組み、死と隣り合わせの仕事場で、スペース・デブリ(宇宙ゴミ)を回収する物語。

【感想・おすすめポイント】
現在でも問題となっている、スペース・デブリの掃除屋のお話。

第一話、タナベがTOY BOXで宇宙へ出て、トランペットで哀愁漂うソロが流れ、漂う宇宙船のバックに回る地球。ロボットアニメには詳しくないですが、宇宙船や機械の描き方は、かなり本格的だと感じます。

夢と正義感にあふれる新人が、経験をつみ、変わっていく。宇宙あるある、宇宙関係のセリフなど、宇宙好きの方には聞き覚えのあるものが多いかもしれませんが、宇宙人間ドラマとしての仕上がり、見せ方は素晴らしい。宇宙でのリアルな日常描写が、個人的にはポイントです。

後半は地球の貧困・紛争・テロなども絡んできます。

『マクロスF(マクロスフロンティア)』

マクロスF (フロンティア) 9 [最終巻] [DVD]

宇宙生命体も惚れる歌。

【あらすじ】
西暦2059年。人類は新天地を求めて、銀河の中心へ向かう。

1000万人以上を抱える超長距離移民船団「マクロス・フロンティア」。船団「マクロス・ギャラクシー」のトップ・アイドルによるコンサートを前に、熱が高まっていた。歌姫の名は、シェリル・ノーム。

そんなシェリルに憧れ歌手を目指す少女、ランカ・リー。シェリルのコンサートへ向かう途中、迷子になった彼女。森の中で出会ったのは半裸の美男子、早乙女アルト。パイロットを目指す学生で、今回のコンサートでアクロバット飛行を行うスタッフの一人だという。

待ちわびたコンサートが始まり、会場が熱狂したのも束の間、突然コンサートは中止に。謎の生命体バジュラが迫っていた。

【感想・おすすめポイント】
おすすめポイントは劇中歌です。
歌に興味が無い方は、楽しめない作品かもしれません。

スピード感抜群の戦闘シーン、丁寧に描かれる船団での生活、パイロットと2人の歌姫の三角関係。2人の歌が加わって、より面白いアニメーションに。

ルージュの伝言って、こういうことだったんですね。

『生徒会役員共』

生徒会役員共 6 (Blu-ray)

限界とは何か。

【あらすじ】
去年まで女子高だった、私立桜才学園高等部。

新入生の津田タカトシ。生徒会長に呼び止められ授業に遅刻した”おわび”に、生徒会副会長に任命される。以降、生徒会の貴重なツッコミ役として活動することに。

生徒会長の天草シノ。黒髪で清楚な外見。(中の人つながりで)人前に立つと緊張して転んで縞々かと思いきや、「大勢に見つめられると非常に興奮する」という。

生徒会書記の七条アリア。体型に恵まれたお嬢様。(中の人つながりで)おっとり天然なキャラクターだが、気になっているのは「お尻の穴」。

生徒会会計の萩村スズ。IQ180、身長140cm未満の帰国子女。サイズ的にフレームに収まらないことも多く、頭部が見切れることもしばしば。

愉快な生徒会役員の日常を描く、ハード・ギャグアニメ。

【感想・おすすめポイント】
最後まで真顔で見たい作品。

ぬるくなった深夜アニメ枠に一石を投じ、下ネタの(放送)限界に挑んだ作品。女子高生が表情を変えずハードな下ネタを飛ばし、間髪いれずに主人公がツッコミを入れる。

どれもアウトなネタなのに、気持ち良い間のせいか、不思議と嫌な下品さを感じ・・いや感じ・・まあ見てください。どこまで理解できるかで、大人(アダルト)チェックができるのも面白いところ。女子中学生ならどこまでわかってしまうのか、私気になります。いや、女子中学生は見ちゃダメ。笑

『みつどもえ』

みつどもえ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

ちょっぴり大人な小6三つ子アニメ。

【あらすじ】
丸井家の三つ子ちゃんを中心に描く、ギャグ・アニメ。

長女の丸井みつば、小学6年生。S気質で、(年下男子から付けられた)あだ名は「痴女」。食べることが大好きで、いつも体型を気にしている。たまに見せる「デレ」が人気ポイント。

次女の丸井ふたば、小学6年生。好きなものは「おっぱい」。クリスマスプレゼントには、おっぱいをもらう。一人称は「小生」で、いつも裸足。常人離れした身体能力の持ち主。

三女の丸井ひとは、小学6年生。愛読書は「エロ本」。ガチレンジャーのコアなファン。暗くて周りに心を開かない女の子。

【感想・おすすめポイント】
絵のイメージから「小っちゃくてかわいい女児を見て癒されるアニメ」と思ったら大間違い(でもない)。

笑いの切れ味は鋭く、変態要素は強め。申し訳程度に差し込まれた感動話が、意外と目にきます。

『化物語』

化物語 第五巻/つばさキャット 上【通常版】 [DVD]

言葉とテンポと絵と声と音楽の素敵な物語。

【あらすじ】
「親方!そ、空から女の子が・・」

突然、空(階段)から落ちてきた女子高生。彼女には、およそ体重と呼べるものが全くと言っていいほど無かった。

ある日の放課後、高校3年生の阿良々木暦(あららぎこよみ)は、戦場ヶ原ひたぎ(せんじょうがはらひたぎ)の秘密を知ってしまう。専門家の忍野メメ(おしのめめ)が言うには、蟹の仕業らしい。

【感想・おすすめポイント】
制作会社「シャフト」を世に広く知らしめた作品の一つ。
絵のことは全くわかりませんが、独特な首の傾き、タッチの異なる背景、定規とコンパスで描いたような模様など、(違和感が)目を引き、人によってはオシャレだと感じる映像の見せ方が、物語とマッチしたときに快感を覚えます。

私は委員長ちゃん、眼鏡の羽川さんが好きです。理由の半分くらいは堀江由衣さんの声ですが・・。面倒見が良く、過度に自身の心の内を(猫にならない限り)周りにぶちまけず、真面目故に悩みが多い、長女的要素がグッときます。

物語的には、あぁならないと羽川さんの猫も面白くならないわけで。「きちんとした終わり」が描かれていて、安心しました。

主題歌は、アニメ未視聴者にも認知されるほどの人気曲が多数。書きませんが、物語シリーズは全ておすすめです。

『みなみけ』

みなみけ Blu-ray BOX【完全限定生産版】

日常の中にキラキラがある。

【あらすじ】
南家3姉妹の日常を描いたコメディ・アニメ。

長女の春香(はるか)、高校2年生。主婦力の高い、南家の母親的存在。3姉妹の中でも人気が高いが、恋愛には疎い。

次女の夏奈(かな)、中学2年生。バカを装う策士。南家の平均温度を上げているムードメーカー。(サッカー部でカナに好意を寄せる)藤岡のラブレターに対し、軸足潰しで応えた。

三女の千秋(ちあき)、小学5年生。冷たい目をした女の子。毒舌で頭の良いツッコミ役。頭に何か乗っけている。

【感想・おすすめポイント】
過度な期待をしないで、見やがってください。

ツッコミは、ローテンションで淡々と。アニメの得意技「表情は変わらない」をふんだんに取り入れた、質の高い日常系コメディ・アニメです。

キャラの人気なら、バレー部の保坂先輩。制服をオシャレに着崩し、「南春香に俺の汗を拭いて欲しい」という理由でハルカをマネージャーに誘った紳士。カスタネットとラスゲアード奏法の情熱BGMがここまで似合うキャラは、他にいない。『カレーのうた』は汗が出るほどの名曲です。

「先生と二宮くん The Battle of Love」は、一度プレイしてみたい。

『らき☆すた』

らき☆すた 11 通常版 [DVD]

笑って萌えて学べるオタクネタアニメ。

【あらすじ】
わかる人にはわかる、パロディネタが散りばめた日常系学園コメディ。

主人公の泉こなた、女子高生。まぎれもないオタク女子で、ゲーム(据え置き、携帯、ゲームセンター、PC、オンライン)、アニメ、漫画に造詣が深い。低身長、ぺったんこを武器に、コスプレ喫茶で資金を貯め、趣味の活動に還元している。

柊かがみ、つかさの双子の姉。寂しがり屋なツンデレ常識人。ツッコミ担当。

柊つかさ、かがみの双子の妹。「バルサミコ酢」という言葉が好き。携帯電話を洗濯するなど、おっちょこちょいな一面を持つ、癒し系天然女子。キャラも声も異常にかわいいので、ファンが多い。

高良みゆき、勉強のできる眼鏡委員長でお嬢様。体型に恵まれ、天然キャラに加えて、ナチュラル萌え要素を武器とする。

その他愉快な登場人物、(声に)偏りのあるモブキャラに、個性的な声優が目立つ、ハイセンスな作品。

【感想・おすすめポイント】
サブカルに詳しい人ほど楽しめる作品。

「かわいさ(萌え含む)」と「笑い」を求める方は、これを見とけば間違いないです。パロディのクオリティは高く、第6話の3DCG、ヘアピンカーブはニヤニヤが止まらない。挿入歌『Gravity』(m.o.e.v)は、後にm.o.v.eがカバーしたとか。笑

アニメ史に輝く、日常系アニメ。

『けいおん!』

けいおん! 5 [DVD]

音楽とバンドと青春とお茶。

【あらすじ】
私立桜が丘女子高等学校軽音部。

新入生で軽音部への入部を希望する、田井中律(たいなかりつ)。彼女を待ち受けていたのは、部員0、廃部寸前の軽音部だった。今月中に4人集めないと廃部になると聞き、幼馴染で秋山澪(あきやまみお)を巻き込み、部員を集めることに。

放課後、音楽室を尋ねてきたのは、合唱部入部希望の琴吹紬(ことぶきつむぎ)。律と澪、「二人の約束」に心打たれた彼女は、軽音部への入部を決める。

4人目のメンバーは、「軽い音楽」に興味を示した平沢唯(ひらさわゆい)。3人の「あまり上手くない」演奏に感動し、お茶とお菓子を条件に彼女も入部を決めた。

部員も無事そろい、ようやく桜高軽音部の活動が・・はじまる?

【感想・おすすめポイント】
バンドあるあるを削りに削った、素晴らしい女子校軽音楽アニメ。

軽音ブームを巻き起こした大人気作品。劇中歌は楽器初心者でもコピーしやすく、キャッチーで歌いやすい曲ばかり。主題歌は楽器経験者も満足のクオリティ。「音楽」と「演奏シーン」に対する愛が感じられ、女子高生の青春も楽しめる。

「これ、これが見たかったんだよ!」と叫びたくなる音楽アニメです。楽器に関するネタはかなり少ないですが、「メンバーがそろっても、ほとんど練習しない」というのは、(私の経験上)あるあるです。笑

『氷菓』

氷菓 限定版 第7巻 [DVD]

気になる方は、見てください。

【あらすじ】
やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら、手短に

省エネ主義の折木奉太郎(おれきほうたろう)、高校1年生。姉の命令で、廃部寸前の神山高校「古典部」へ(強制的に)入部することとなった彼。ある日の放課後、夕暮れ迫る部室の窓際で、一人校庭を眺める千反田える(ちたんだえる)と出会う。

新しく部員が入ったことに安心し、戸締りを頼み帰ろうとしたそのとき、彼女は言った。「私、戸締りできません」。鍵を持っていないという。

鍵なしで入室し、外から鍵をかけられ閉じ込められた状況・理由が、どうしても気になる彼女。

奉太郎の退路を断ち、手を握り、きらきらの瞳で見つめる千反田える。顔がどんどん近づいて「わたし、気になります」。彼女を納得させないと帰れないと悟った彼は、仕方なく推理をはじめる。

データベースの福部里志(ふくべさとし)、漫研の伊原摩耶花(いばらまやか)も入部し、省エネとは程遠い青春がはじまる。

【感想・おすすめポイント】
千反田えるの魅力。
丁寧な言葉遣いで、主婦力が高く、成績優秀で、人懐っこく、表情豊かで、仕草がかわいく、気遣いができて、声が素晴らしい。最強のヒロインです。

原作が推理小説ということで、日常系の雰囲気の中で物語もしっかり楽しめる。中村、阪口ペアのかけあいに、毒舌な茅野さん。ラジオではリアル・データベース阪口大助さんのトークに、佐藤聡美さんの声が聞けて・・大満足間違いなしの、日常系青春ミステリー・アニメです。

便利な動画配信サービス

円盤を購入される方は、ファンの鑑。
ただ、過去作品を見るだけなら「レンタル」か「動画配信サービス」の利用が一般的かと思います。海外サーバーに無断アップロードされている「無料動画」の視聴も一般的だと思いますが、音楽(mp3)や映画がすっかり消えたように、やがては視聴できなくなるでしょう。

お金に余裕のある方、アニメのこれからを考える方は、便利な各種サービスを検討してみてください。

登録には「クレジットカード」が必要です。示された手順に従って入力するだけなので、登録は簡単です。ほとんどのサービスには無料期間が設けられていますので、期間終了日前日をカレンダーにメモしておくと安心。

「とりあえず登録してみて、気に入ったサービスを使う」方法がおすすめ。退会はいつでもできるので「見る月は登録、見ない月は退会」というのが私の基本的な使い方です。

★アニメ視聴におすすめのサービス★

【dアニメストア】

dアニメストア

(2017/11現在)
・月額400円(税抜)
・アニメ約2,300作品
・31日間無料体験

NTTドコモグループが展開する、配信サービス(※携帯がドコモでなくても普通に登録・視聴できます)。登録前に視聴可能なアニメを確認できますので、見たいアニメがあるか確認してください。一部の映画作品を除いて、基本は見放題です。私が(アニメで)一番利用しているのも、dアニメです。

クリックで公式サイトへ

 

【U-NEXT】

U-NEXT

・月額1,990円(税抜)※毎月1200ポイント付与
・アニメ約2,700作品、見放題約1,500作品
・31日間無料体験

クリックで公式サイトへ

 

【バンダイチャンネル】

・月額1,000円(税抜)
・見放題約900作品、全体約3,200作品(特撮等含む)
・無料期間なし

クリックで公式サイトへ


★アニメ以外も楽しむなら★

【Amazonプライム】

(2017/11現在)
・月額400円 or 年額3,900円(月額325円)※学生の方は半額年会費。
・アニメ約2,800作品(別途レンタル料がかかる作品多し)
・30日間無料体験

動画が見れる「プライム・ビデオ」のほかに、「無料お急ぎ便、お届け日時指定便」が使い放題、「100万曲以上の楽曲」が聴き放題のサービスも含まれています。ただ、アニメだとレンタル料がかかる作品も多いので、無料での視聴を考えている方は登録前にタイトルで調べるか、「価格→無料」で絞り込んで確認してみてください。

クリックで公式サイトへ

 

【hulu】

hulu

・月額933円(税抜)
・アニメ以外も含む全体で約40,000本
・14日間無料体験

以前はアニメ作品が少なかったのですが、バンダイチャンネルと手を結んだということで、そっち系の作品はあります。登録前に作品名で検索してみてください。

クリックで公式サイトへ

 

アニメ好きなら、とりあえず「dアニメストア」で間違いありません。

最後に

日常系アニメが大好きなので、結果日常系作品が多くなりました。基本的に趣味やら何やらをしながらの「ながら見」で、気に入ったものを真剣に見るスタイルなので、”ストーリーがっつり系”の魅力に気付かずスルーしている作品もいくつかあると思います。現時点ではこの作品が私のおすすめということで、興味のある方は是非ご覧ください。

※随時更新中。

以上です。
ありがとうございました。